• TOP
  • 豆を挽く器具と歯の構造|焙煎と豆の挽き方

豆を挽く器具と歯の構造

豆を挽く器具は、「ミル」「グラインダー」と呼ばれ、手動と電動タイプがあります。豆を粉砕する部分の名称はあまり統一されていないのですが、ロールグラインダーブレードグラインダーコニカルカッターフラットカッターの4つに大別されます。
粉の大きさは、粉砕の構造によって、挽く時間の長さで調節するものと、歯と歯の間隔で調節するものがあります。

line
ロールグラインダー

主に工業用、業務用に使われています。歯がついた2本のロールバーの間を豆が通過するときに粉砕される仕組みで、粒度の均一性、粉砕速度、摩擦熱の発生の抑制に優れています。粉の大きさは、対になったロールバーの間隔で決まり、多くの場合は何対かのロールバーの間隔を狭めていって、段階的に挽きます。

ロールグラインダー

line
ブレードグラインダー(プロペラ式)

羽根状の刃が回転することで豆を粉砕します。粉の大きさは、挽く時間の長さで決まります。家庭用のミルに多く使われていて、安価で掃除しやすいのが利点ですが、粒度が揃いにくく微粉(パウダー状の細かい粉)がやや出やすい、目視で細かさを判断しなくてはならない点が残念なところです。少し手間ですが、5〜6秒粉砕したら軽く振る、を繰り返しながら挽いて、淹れる前に茶こしなどで微粉を取り除くと、かなり欠点は補えます。

ブレードグラインダー

line
コニカルカッター(臼歯式)

片方の歯が円錐状(conical)になっていて、固定された歯と回転する歯が、擦り潰すようにして豆を粉砕します。手動ミルやエスプレッソ用の電動ミルに多いタイプです。歯と歯の隙間を調整することで、粗挽き(隙間が広い)から細挽き(隙間が狭い)まで調整できます。微粉はあまり出ませんが、摩擦熱が発生しやすいので、手動ミルはハンドルを軽くゆっくりと回すようにしましょう。

コニカルカッター

line
フラットカッター(カッティング式、ウス式)

業務用や、家庭用の電動ミルに多いタイプ。平面が凹凸になった一対の歯が、挟んだ豆を切るように粉砕します。細かさは固定歯と回転歯の間隔で調節し、粒の均一性に優れています。 また、摩擦熱の発生が少ない長所もありますが、コニカルカッターよりは微粉がやや多く出るので、粗挽きよりは中挽きや細挽きのほうが向いています。

コニカルカッター


おいしい自家焙煎珈琲豆を
岡山から全国の皆様へ

手焙煎珈琲専門店 BanCa
コーヒーマーケットバンカ

http://www.coffee-banca.jp

【実店舗】
BanCa野田店
岡山県岡山市北区野田3-22-3
TEL (086)244-2628

商品のお届けについて

クロネコヤマトの宅急便またはネコポス(ポスト投函)でお届けします。

宅急便はお届け時間の指定が可能です。
(到着日はご指定いただけません)
午前中、12:00~14:00、14:00~16:00、16:00~18:00、18:00~20:00、20:00~21:00

商品はご注文またはご入金確認後、原則4営業日以内に焙煎工場より発送いたします。
(土日祝・年末年始・夏季休業を除く)
生豆を除く合計購入金額6,480円(税込)以上で全国送料無料 ※お届け先1件につき
荷物のお問い合わせ(外部サイト:ヤマト運輸)

→詳細はこちら

お支払いについて
PayPal

PayPal(クレジットカード)、代金引換、銀行振込、郵便振替をご利用いただけます。
※銀行振込、郵便振替は先払いです。
※モバイル専用サイトは、代金引換、銀行振込、郵便振替のみの対応です。
代金引換手数料(税込)一律330円(離島・一部地域では、代金引換のサービスが利用できない場合がございます)

→詳細はこちら

交換・返品について

商品の特性上、食品につきましては、お客様のご都合による交換・返品はご容赦ください。
配送に由来する商品の汚損・破損等は商品到着後3日以内(土日祝を除く)にご連絡ください。焙煎豆の不良品につきましては、2週間以内にご連絡ください。ご相談の上、交換・返品を承ります。

→詳細はこちら

会員ポイントについて

会員登録をしていただくと、お買い物の際にポイントが貯まります。貯まったポイントは、1ポイント=1円としてお支払いにお使いただけます。

→詳細はこちら

お問い合わせ

ご質問はお問い合わせフォーム等でお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
TEL:086-245-9332
FAX:086-245-9335

【ネット・FAXによる、ご注文やお問い合わせの受付】
24時間
【電話受付・お問い合わせの回答】
10:00〜18:00(土日祝・年末年始・夏季休業を除く)
ネットショップ運営担当
株式会社ポートベロ EC事業部


Page Top